ゆる~く英語、ときどき日記風、旅行記も

↑ブログ名、変更しました~英語講師の気軽なコラム+日記+旅行記です

英語入試予想問題的中しました! 京都公立高前期・共通♪ 次は??

f:id:oyaku-dachi:20200220000624j:plain

こんにちは。入試真っ最中のシーズン。

終わってほっとしている人も、これから本番の人も、今年はとくに健康管理が重要ですね。

手洗い・うがいとよく言われていますが、うがいだけで取り切れないウィルス・菌などは、緑茶で流し込み、胃酸でやっつけるのがいいそうです。

 

さてさてタイトルにもありますが、私このたび、高校入試問題を当てました~~

 

↓これが、直前対策の記事(2020年1月21日投稿)です。

www.fuwa-ri.net

毎度おなじみの熟語「be surprised ~」ですが、

次に来るのは at だけではありません・・・at がくるのは名詞に続くときだけ。

次に to が来るときもあり、それは動詞に続くときです!

というもの。

 

 

的中問題はコチラ!

では、的中した入試問題を見てみましょう~。

2020年2月17日実施、京都公立高校の前期選抜共通問題です。

我ながらバッチリ当たっています(笑)。

大問2の会話文、冒頭から8行目です。

 

f:id:oyaku-dachi:20200219223001j:plain

ペンで下線をひいたところですが、字が小さいかもしれませんね・・・(あとで拡大写真と入れ替えるかも。)

I was surprised  ② know とあります。

そして、問いは

f:id:oyaku-dachi:20200219223018j:plain

 

②に入る最も適当な1語を書け。です。

選択問題でなく、to と答えるところですね。

私の生徒さんはきっとできたはずです!

(私立専願で、もう合格しました~と報告してくれた生徒さんもいます。

おめでとう!!)

次の目標:文全体の大きな S(主語)+V(動詞)を見つけよう!

さて、入試はまだまだ続き、3月には公立高の中期選抜があります。次の狙いはどのあたりでしょうか??

 

生徒さんを見ていて意外と見落としがちかな、と思うのは、文全体の大きな S(主語)+V(動詞)をまず見つける、ということです。

 

頭から文を読んでいくと、ついつい目の前の単語しか目に入らない、ということがあります。

英語では、1つの文に動詞は基本1つのはずなのに(andでいくつかつなげることもありますが)なんだか動詞がたくさん出てくるぞ~~と思ったことはありませんか?

例えば・・

 

The computer I bought last month is really nice.

 

boughtという動詞が出てきているのに、なんでまた is なの?と・・・

この場合、どちらかが大きな動詞(いわゆる本文の動詞)、どちらかが小さな動詞(骨組みではない部分で、それを含む部分はなくても文は成り立つところ。)となります。

 

「私はコンピューターを買った」、と言いたいのか、

「そのコンピューターはとてもよかった」、と言いたいのか・・・?

「私が先月買った」の部分(I bought last month) は、コンピューターの詳しい説明なので、この部分はなくても文は成り立つのですね。

 

つまりこの文では、後半の "is" が大きな動詞であり、冒頭からThe computer (I bought last month) までが長い主語なのです。

・・・・・・・・・・・。

たぶん、今読んでくださっているほとんどの方は、そんなの簡単だよ、と思われているでしょう(笑)。

そうです、読むときはまだ楽かもしれません。ただこれが、英文を書く、になると

少しハードルがあがるかな、と思います・・・!

 

ミツバチのダンスについて、英作文に挑戦!

英作文の練習で、入試対策問題集にいい問題が出ていました。

 

あるミツバチ (bee) が、花の蜜 (nectar) がある場所を他のミツバチに知らせるために、ダンスをして知らせる、という内容の英文があり、そこでの英作文問題です。次の日本語を英語にしてください。

 

「他のミツバチは、そのダンスからどこにその花があるのかがわかるので、その花まで行って蜜を得ることができる。」

・・・・・

どうでしょう??

ま、主語はOther bees ですね。

そして Other bees can understand・・・と書いてしまう方、必ずいらっしゃると思います。

ここで、小学校の国語で、主語と述語を習ったときのことを思い出していただきたいのです(あまりに昔なので忘れてしまっていますか??)。

 

まず、日本語の状態で、主語と述語(英語では動詞になります)の部分がどこなのかを確認します・・・ふつうは線をひくことが多いですね。

 

で、「他のミツバチは」、「行って得ることができる」が主語と述語(動詞)になる、という方針ができます。

 「そのダンスから~わかるので」の部分は、理由を表している部分なので、becauseでつなげます。国語の時間では、よくカッコに入れられていましたね。

すると・・・

Other bees can go to the flowers and get nectar ( because they can understand where the flowers are from the dance).

となります~。

これが迷わずスラスラ書けた方は、上級者ですね(^o^)。

ぜひ近所の生徒さんに英語を教えてあげてください(笑)。

 

では、今日はこのあたりにしておきます。

受験生のみなさん、受験生でないみなさんも、実りある日々を送れますように!

ではまた次回に!