海外旅行・英語関係・日々の気になる話題のお役立ち情報~!

海外旅行や英語関係、その他気になる話題をお届けします😃😃

今すぐ誰でもできる、ネイティブ発音に近づく超簡単なコツを大公開!(その2:Rの前は”う”!)

こんにちは。英語教室の講師をしていると、ちょっとしたコツを知るだけで生徒さんの発音が一気に上達!ということがよくあります。

ネイティブとまったく同じ発音はできなくても、実は簡単ないくつかのコツを実践するだけで、なかなかネイティブに近い発音になるのです。

今回はそのコツの2番め、「R」の前に「う」を入れて発音する!をお伝えします~。

 

f:id:oyaku-dachi:20191008154757j:plain

発音の壁の1つは、「L」と「R」!!

日本語には、ラ行の発音は1通りしかありません。

なので、light(光・軽い)もライト、right(正しい・右・権利)もライトで、同じになってしまいます。

LとRの発音方法の違いは、ずばり舌が上あご(または前歯の裏)についているか、どこにもつかずに浮いているかの違い(!)なのです。

でもそんなことを言われても、話をしているときに、自分の舌が今浮いているかな?なんて考えられませんよね(笑)。

もっと簡単に区別する方法は・・・あります!

まず日本語のラ行は、「L」の音に近いので、「L」の方はとくに何も気にせず、むしろカタカナを読むイメージでOKです。

ひと手間かけるべきは「R」の方で、といってもごく簡単なことですが、「R」の前に「う」と言うだけです(笑)。

小さい子でも、初心者の生徒さんでも、「う」をつけて、と言うととてもきれいにR音を出してくれます。

よく「R」の音については一般に、舌を浮かせる、舌を丸める、唇をすぼめる、唇を軽く前につき出す・・・などという説明を見ますが、それらは中・上級者向けのアドバイスでしょう。

余談ですが、新元号の「令和」は、正式には「Reiwa」と表記するそうですが、発音を優先に考えれば「 Leiwa」の方が近いですね。

私も英語のときは、スペルにつられて「うReiwa」と言っていますが、言いにくいな~と思います(笑)。

まずは「ら・り・る・れ・ろ」をゆっくりと。これが「L」です!

前述のとおり、日本語のラ行は、ほぼ「L」音です。

「ら・り・る・れ・ろ」をゆっくり発音して、Lの音を耳から覚えましょう。

「らあ」「りい」「るう」・・・と伸ばしてみると、さらにわかりやすくなるかもしれません。

何度かこれをやっていると、L音が出るときの口の中の状態が自然にわかると思います。

つまり、

① 声を出す直前に、舌が上あご(または上の前歯の裏)にしっかりとつく。

② そしてその舌が一気に離れる瞬間に出る音が「L」!!。

この2つがしっかり実施されると「L」音が出るのです。

では、この音を出すために以下の2つの作業をしてみましょう。

作業1:あらかじめ舌を上あご(または上の前歯の裏)につけておく。

作業2:舌がついている状態から、カタカナ読み(ら・り・る・れ・ろ)をする。

これだけです~!(Lは)簡単ですね。

ラ行のカタカナ読みをするときには、実は自動的に作業1もしてしまいます(舌を浮かせたまま、ラララ~とは言えません!)。

なので、実際には作業2だけと書いてもいいくらいなのですが、舌がしっかりついていることを意識していただくために、2段階で書いておきました。

ではさっそく、発音してみましょう!

まずは舌を上あご(または上の前歯の裏)につけて準備します。

その状態で、次のカタカナを読んでください。

ラーング(long)  長い

ライアン(lion)  ライオン

ラック(lock)   鍵をかける

ランダン(London) ロンドン

・・・いかがですか?

いつものおなじみの単語が、きれいな「L」音になってネイティブ発音に近くなっていますね。

これらの単語は、コツ(その1)でも紹介した「O」を「ア」と読むの技も入っていて、効果倍増バージョンの単語の例です。

スペルの中に「L」や「l(小文字のエル)」を見つけたら、まず舌をつけましょう!

簡単なワザですので、ぜひぜひ今後も活用してくださいね!

いよいよ「R」音を攻略します。「う」をつけて読んでみましょう!

f:id:oyaku-dachi:20191021161648j:plain

さて次は、「R」の発音についてです。

おなじみの単語ばかりですが、難しいことは考えず、まずは「う」をつけて読んでみましょう!

rugby  ラグビー

red       

ring   輪・指輪

rabbit  うさぎ 

restaurant  レストラン

 

・・・こちらもなかなかいい感じに聞こえているはずです。

「う」は実際に音を出して言ってしまってもOKですし、口をすぼめて形を作るだけでもOKです。

途中で「r」が出てくる単語も少し練習してみましょう。

great ⇨ gうreat   すばらしい

green ⇨ gうreen   

tomorrow ⇨ tomoうrrow   明日

practice ⇨ pうractice  練習(する) 

carry ⇨ caうrry  運ぶ

 

・・・これらも、いい感じになってきていると思います!

ただし・・・

この方法は、音節の終わりにrが来る場合は当てはまらないのです・・・。

例えば、次のような単語です。

park  公園

party  パーティー

birthday 誕生日

card  カード

work  仕事、働く

fire   火、火事

girl   女の子

 

これらの単語は、rが音節の終わりにくるので、ほぼ伸ばした音の最後部です。

そのために、音を出し始める位置にないので、「う」をつける必要もないのですね。

このような、音節の終わりのrの場合は、伸ばす音の最後の方で舌を口の中でまるめて(小さくして)みると近い音になります!

それではみなさん、「う」を使って、rの発音をぜひ上達させてください!