ゆる~く英語、ときどき日記風、旅行記も

↑ブログ名、変更しました~英語講師の気軽なコラム+日記+旅行記です

マスクをする、は「wear a mask」~マスク~で、ゆるく英語のお勉強♪ 動詞もあり!

f:id:oyaku-dachi:20200206092629j:plain

こんにちは。新型コロナウィルスの話題が連日ニュースに・・・。

うちの近所でも「マスクは売り切れです」の貼り紙が見られるようになりました。

 

ところで「マスクをつける」という場合、服を着るのと同じで wear a mask や、

put on a mask と言います。

 

 

また、この「mask」は、名詞ではもちろん、動詞で「仮面をつける、変装する、隠す」などの意味でも使うのです。(ちなみに、cough(咳)も、名詞・動詞両方に使います。)

 

今回は、「mask」に関連して、ゆる~く(いつも通りですが 笑)英語のブラッシュアップをしてみましょう!

 

wear /put on / take off .....複数形もざっと見直しします

DO NOT WEAR A MASK IF YOU ARE WELL

シンガポール政府のホームページに、「健康な人はマスクをしないで」という注意文が出ていて、話題になっているようです。

https://www.gov.sg/article/masking-up-how-and-when-you-should-do-it

マスクが不足する危険があるので、必要以上に使わないで、ということのようですね。

 

そうか、mask をするという動詞は wear なのか(put on でもOK)、服を着るのと同じ!と思っているうちに思い出したのですが・・・

そういえば服の他にも、関連する動作の多くがwear または put on だったのでした。

ゆるく復習しておきましょう~。

 

put on one's shoes (靴をはく)

put (pull, draw) on one's gloves(手袋をはめる)

wear (put on) earrings(イヤリング・耳飾りをつける)

wear jeans(ジーンズをはく)

wear sunglasses(サングラスをかける)・・・・

 

日本語の感覚と違って、これらは複数形になるので通常は S がつくということにも要注意ですね!

(例:These sunglasses are....と言われると、何となくサングラスがたくさんあるのかと思ってしまいがちですが、1つの場合でもこのように言うのです。)

 

ちなみに、それらをとる(脱ぐ)ときは「 take off 」です。

手袋の場合は take off  のかわりに pull off , draw off もあります。

よくput on の反対はput off かな?と間違えてしまうのですが、put off だと、「延期する」という別の意味になってしまうのです~(ややこしい!!)。

(↑延期する、という意味の postpone という動詞もあります (^▽^)/)

 

また、「take off」も実はいろいろな使い方があります。全部書くのは大変ですが、主なところでは

(飛行機が)離陸する、出発する、とりかかる、うまく行きはじめる、休みをとる、割引するなど。

興味が出てきた方は、どうぞ辞書を見てみてください。

ま、ゆるいお話ということで、ここではこの辺りにしておきますね(笑)。

 

WUHAN CORONAVIRUS!  英語のスペルも要チェック

今回の新型コロナウィルス、発生地は中国・湖北省武漢市とのことですが、武漢をブカン、と読むのは日本語の漢字の音読みですので、日本以外ではまず通じないでしょう。

英語では「Wuhan」と表記するので、おそらく現地の読み方はそれに近いのだと思います。

もし Wuhan の発音が通じなくても、スペルを紙に書けば通じますので、やはり地名・人名・固有名詞などの英語表記はしっかり確認しておきたいですね。

 

そして「コロナウィルス」のスペルはCorona, ロ(ろ)の部分はRでした。カタカナでコロナ、と言われてもよほど宇宙物理関係に詳しい人!以外は、RかLかは、すぐにはわからないと思います・・・。

ニュースで新しいキーワードが出てきたら、英語ではどういう表現で、スペルはどうなのか?そして発音は?までチェックできたらいいですね。

英語ニュースサイトを見たり、政府機関などのホームページをのぞいたりすれば、無料で覚えられます♪

 

ホームページ、意外と読みやすいです♪ (イギリス英語を発見)

シンガポールは公用語が4言語(国語のマレー語の他、英語、標準中国語、タミル語)あるためか、この英語のホームページは難易度から見たら読みやすいと思います。

かつ、国内で一番話されている言語は英語なので、ネイティブにも自然な英語であるといえますので、英語学習者がお手本にするのによさそうです。

https://www.gov.sg/article/masking-up-how-and-when-you-should-do-it

 

おまけですが、シンガポールの英語は、イギリス植民地時代の影響でイギリス英語です。そしてこのページにも、そのイギリス英語が表れている部分がありました。

 

マスクをつけた女性の絵が3つ並んでいるところの、左の絵の説明文中です。

It should COVER YOUR MOUTH, NOSE, AND CHIN with the coloured side facing outwards.

with 以下は「色のついた側を外に向けるようにして」ですが、「colour」のスペルがイギリス式ですね。日本の学校ではアメリカ英語を主に教えているので、「color」と覚えている方が多いでしょう。

 

イギリス以外の国でイギリス英語を見ると、ふと歴史的背景を思いおこしたりします。

おそらく大多数の人々にとっては当たり前な日常なのだと思いますが・・・。

 

ではでは、また次回に~!