ゆる~く英語、ときどき日記風、旅行記も

↑ブログ名、変更しました~英語講師の気軽なコラム+日記+旅行記です

1人クラスは、心の修復の時間にも。 ~無理せず、自分のペースで来てね♪

f:id:oyaku-dachi:20200725084537p:plain

こんにちは。英語教室の様子を紹介していますが、今回も中学生の生徒さんのお話です。

現在は中3ですが、中1の頃までは、普通の生徒さん、むしろ英語の理解力はある方かなと思っていたのですが、だんだんレッスン中にスマホをいじるようになってきました。

(この生徒さんも1人のクラスです。)

以前は、レッスン前にスマホの話をしても、レッスンが始まるとしまっていたのですが、最近はどうしたことか・・・。

私も強い口調では言わないものの、「はい、スマホは閉じてね~」と声をかけつつ、そうすると閉じてくれていたので、それでレッスンをするようになっていました。

そのうちに、ストレスがたまっているのか?幼児さん用の備品のビーチボールをレッスンの前後、さらにはレッスン中にもたたくように・・。

これについては、やはり1人クラスの小学生で、同じようにビーチボールを蹴ったりたたいたりして、日々のストレスを発散している生徒さんがいたので、きっと同じような感じなのだなあと思っていました。

f:id:oyaku-dachi:20200810234410j:plain

ストレスがたまっている生徒さんって、多いのかもしれません・・・。まあ、程度の差はあれ、ほとんどの生徒さんはそういうものを抱えているのかもしれませんが、多くの場合は、周囲の人、つまりクラスメートや部活仲間、家族などに何か不満を持っているのかなと思います。

1人クラスの場合は、そういうものから解放されて、レッスン中はその生徒さんが中心の世界となるわけですから、もし心の修復の時間となるなら、喜んでお手伝いしたいなあと思っています。

今回は、ある生徒さんを応援する気持ちをこめて、紹介しようと思います。

学校には行っていない?

毎回レッスン終了後に、好きなアニメの話をしていた頃は楽しそうでした。

ホワイトボードに、一瞬で力作イラストを書いてくれて、驚いたこともありました。

その生徒さんはその曜日の最終レッスンだったので、あまり話が長くなってもなあ、なんて思っていたものです(笑)。

ところがだんだん、学校にいじわるな子がいて、容姿についていろいろ言われる・・・というような話を聞くことが増えてきました。

しかも、先生に相談してもまったく効果がないのだとか・・・。

そういえば、前述のストレス小学生も、まったく同じことを言っていたような。

いじめっ子が周囲にいて(容姿についてではないですが)からかわれるけれど、先生がまったく助けてくれないどころか、先生も授業が変でそもそも信用できない、とか。

う~ん、まあ、いじめっ子はいつの時代もなくならないかもしれませんが、先生はせめて相談にのってくれる存在でいてほしいですよね・・・。

それはよくないね・・・どうしたらいいんだろう?他の先生に相談してみるとか?なんて話もしたのですが、他の先生もやはり同じような感じだったとのこと。困った!

そうこうしているうちに、レッスンには普通に来てくれていたのですが、学校の方は休みがちになっていると聞いて驚きました。

そして、こちらのレッスンもだんだんとお休みするようになってきました・・・以前は、ほとんどお休みすることはなかった生徒さんなのに・・・。

f:id:oyaku-dachi:20200811004957j:plain

入院から復活して来てくれました!

「昨日から入院していて、今日と来週はお休みします」と聞いたときはさすがに驚きました。

と同時に、これだけ前兆を感じていながら、自分は何かできなかったのだろうか?という思いが・・・。

自分も子どもに習いごとをさせている立場なので、お月謝がもったいない~という気持ちももちろんありますし、いろいろな思いが沸き上がってきます。

今までの様子からして、英語はたぶん、嫌いではないはず・・・。

学校に行けなくなってしまって大変でしたが、しばらくはこちらの英語教室には来てくれていた、それがこちらの方もお休みがちになってきている・・・。

こちらからは、ときどきおハガキを書いたり、またお休み連絡のないときは、教室から自宅に電話をかけたりしています。

だいたい本人が出て、「あ、今日は体調が悪くて休みます・・」と普通に話してくれます。まあ、本来は休むときは連絡をしてくれるはずなのに、連絡がないということは、やや普通でないとも言えるのですが・・・。

「なるべく少しでも来てほしいけど、お休みするときは、連絡してくださいね」と、こちらも極力、普通な感じで話します。本当に、少しでも来てほしいと思って話しています!

もちろん、英語を進めたいのも大切だけど、まずは顔を合わせて、普段のペースを作りたい。昨今のコロナ禍で、今までの当たり前が見直されていますが、まさにそういうものです・・・。

そして先日、ほぼ1か月ぶりにその生徒さんは来てくれたのでした。

おおお。

「もう中3だから、高校入試の問題もそろそろやらないとね~」と、普通に入試対策の例文集プリントを渡しました。

しかし、それができたのはかなりレッスンの後半時間になってからで、初めのしばらく、というか半分以上は、本人の不思議な話を聞く時間だったのでした。

自分の分身がいて、聞いたり説明したり・・・?

以前は学校のいじめっ子や、頼りにならない先生に不満、という話だったのですが、この頃は、ご両親とのやりとりが、どうもうまくない、不満だ・・・という風にもなってきているようです。

そのうちに、自分が何人かに分かれていて、わからないことは、こっちの自分に聞いてみたんだけど、どうやらこういうことらしい、というような話にもなってきました・・・。

f:id:oyaku-dachi:20200814235409j:plain

ううむ・・・こちらも話についていくのが少々大変ですが、がんばってついていきます。

親とぎくしゃく、というのはある程度はどこの家庭でも起こることで、わが家でもありました&今でもそういう時期ではありますが、でも分身とは・・・

入院したとなると、確かに多くはないケースなのかな・・・しかしこの分身の考え方って、実は合理的なこともあるのかも?などと、こちらもいろいろと思いを巡らせます。

生徒さんのノートには、自分の分身のイラストがページごとにいくつか書いてあって、この子はこう言っているんだけど、この子によると・・・というストーリーを普通に話してくれます。

同じことかはわかりませんが、私の場合でも、自分が何人かいて、分業できたらいいなとか、意見がなかなかまとまらないなあというときはあります。

さっきと言ってることが違うというときもあります(そういう時は、子どもに強く攻撃されますが・・・汗)。

でも人間って迷うものだし、考えも変わるものだし、モノの見方だって、いく通りもあるのですから・・・

ある意味、この生徒さんの考え方は、言い得て妙、なのかもしれません。

待ってます・・・来てくれると思っています♪

さてさて、今週はレッスンはお盆休みでした。来週、来てくれるかな?

前回、来てくれたときは英検を受けてみようか、なんて話もしてくれました。

中3なので、私は当然3級と思ったのですが、本人は4級か、5級でもいいとか。

え、5級はさすがにちょっと・・・。4級でも中3で受けるには受験料がもったいない気がします。7割でOKと言われているのですから、3級に挑戦してほしい!

通信制も選べる、志望校もちらっと聞きました。受験勉強するなら、英検3級の範囲でばっちり内容がかぶります。

気分が前向きなら、いろいろ取り組んでくれるはずですが、気持ちのコントロールというのがやはり難しいのでしょうか。

そこをなんとか来てほしい・・・。

f:id:oyaku-dachi:20200815010331j:plain

毎週でなくても、今から入試までならなんとか形にできると思います。基本はできているし。

この前渡したプリント、何度でも一緒に読みましょう。

どの教科でも同じかもしれませんが、少しわかってくると楽しいし、少しでも勉強の習慣がつくとさらに楽しい。

一緒に楽しさを味わいましょう~。

待ってるよ♪