ゆる~く英語、ときどき日記風、旅行記も

↑ブログ名、変更しました~英語講師の気軽なコラム+日記+旅行記です

「surprised」の次は「at」だけ?~「to」もあります! 英語入試直前対策!

f:id:oyaku-dachi:20200121113407p:plain


こんにちは。入試のシーズンですね。

センター試験、そして関西では中学入試も始まりました。

高校入試はこれから、仕上げの時期に入ってきます。

私の生徒さんにも中3生さんが何人かいて、高校入試対策をやっていますが、

先日、意外なところで落とし穴を発見しました~。

 

「be surprised at~」

 

「あっと驚く」と覚えましょう~、というネタですっかりおなじみの、

「~に驚く」という超頻出熟語です。

英検では4級から、学校では中1から、熟語を習い始めるとすぐ出てきますので、

まだわけのわからないうちから、とにかく「驚く」だったら「be surprised at」、「surprised」の次は「at」が来るのだ~

と覚えているという人も多いかもしれません。

しかし入試問題で、 He was surprised (         )  ~ という空欄の穴埋め問題が出た場合・・・正解は必ず「 at   」でしょうか?

なんと、違う場合もあるのです~

え、そうじゃないの??と思った方、または英語指導のお仕事をされている方、

意外な落とし穴対策に、ぜひこちらを ↓↓ ご確認ください!

 

「He was surprised (          ) hear the news. 」     空欄にat が入る??

「彼は、そのニュースに驚いた」を英訳する場合、

「He was surprised at the news.」となります。

ニュースというもの(名詞)が、彼を驚かせる原因になったのです。

英語では、「at」の次には名詞(形)が来るのでした。

 

では、「彼はそのニュースを聞いて驚いた」だったらどうなるでしょう??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この場合は「He was surprised to hear the news.」となります。

「~を見て驚いた」だったら、「He was surprised to see~」、

「~と知って驚いた」だったら、「He was surprised to know~」 です。

hear, see, know という動詞の前なので「to」が来るのです。

 

動詞の前だと考えれば、次は to が来るだろうと予想できるはずなのですが、「驚く」イコール「be surprised at !」と呪文のように唱え続けていた人は、引っかかってしまうかもしれません。

at は次に名詞(形)をとることをしっかり確認しましょう。

そしてこれからでも、単語や熟語は、例文ごと暗記!を心がけるようにすれば、

このようなミスも防げますよ!

 

「be surprised at~」は受動態だった!

そもそもこの熟語、受動態の熟語です、と私は習ったことはないのですが・・・受動態です。

受動態を習うのは中3なので(中高一貫校などを除いて)、中1のときに習ったこの熟語を思い出して、そうかあれは受動態だったのか~、なんて気づく人は少ないと思います(私も当時は意識していませんでした・・・)。

実際に、誰かに「よって」なされる「動作」ではないので、受動態だと気づきにくいのです。

ちなみに、「山が雪で覆われている」というときの「be covered with snow」も同じです。

(これは教える方にも工夫が必要だと思うんですが、ぜひ学校でこの説明を加えるようにしてほしいですね。)

そして、ここでもう一つ、思い出していただきたいことがあります。

受動態の文では、by~に相当する「動作主」が誰かは重要でない、というときには、

by~以下はよく省略される、という説明を聞いたことはありませんか。

では、この「He was surprised to hear the news.」の文では、「at~」は、省略されているのでしょうか??

ニュースを〇〇した(聞いた、など)ということを伝えたい!

「at~」は省略している、といえると思います。

ただし、「ニュース」は重要な言葉ですから、これを省略してしまってはいけません。

 

省略する前の文を考えてみますと・・・

「He was surprised at the news to hear it.」

「彼は、そのニュースを聞いて、(そのニュースに)驚いた。」となります。

「He was surprised at the news.」

と比べると、ニュースに驚いたことに変わりはないのですが、そのニュースを彼が実際に「聞いた」 ことを、よりしっかりと伝えたい、という意図が感じられます。

これは日本語訳の違いでもわかると思います。

すごく大きな違い、というわけではありませんが、微妙に違いますね・・・。

hear の他にも、see, know, find, read などなど・・・

おまけですが、hear の他にはどのような動詞があるでしょうか?

「驚く」は、自分が予期しないような情報(ニュース、知らせ、結果、何かの理由、小説のストーリーなど)が入ってきたときの反応ですので、

be surprised to see~         ~を見て驚く

be surprised to know ~  ~を知って驚く 

be surprised to find~   ~を見つけて驚く

be surprised to read~   ~を読んで驚く

be surprised to realize~  ~を認識して驚く

・・・ほかにもありますが、このあたりを確認しておけばOKでしょう。

受験生の皆さん、体調に気をつけて、最後の追い込みがんばってくださいね!

Go for it !