海外旅行・英語関係・日々の気になる話題のお役立ち情報~!

海外旅行や英語関係、その他気になる話題をお届けします😃😃

この単語、ほんとに知ってる? ~manage~ マネージャー、マネジメント・・・

こんにちは。日本語にもなっている英単語って、たくさんあります。

中には、なぜか日本に入ってから意味が変わってしまったり、発音も独自の変化(!)をしてしまったものもあります。

 

知られているところでは「ミシン」。

外国人が英語でミシン、つまり「sawing machine」と言っていたのを聞いた日本人が、

そうか、これは「ミシン」というのか~、と思って使い始めたようです。

とても親近感を感じるお話です!

 

念のために、日本語の「ミシン」は「ミ」にアクセントが来ますが、英単語の「machine」は i , すなわち「シ」を強く発音します。

「マ」を強く発音する人はあまりいないかもしれませんが(笑)・・。

 

f:id:oyaku-dachi:20191111110003p:plain

「manage 」の意味はざっくり3つ!

さて今回は「manage」をとりあげてみようと思います。

部活のマネージャー、ホテルのマネージャー(支配人)、トップマネージャー、トップマネージメント・・・

よく聞く言葉で、なんとなく使っていますが、ではどういう意味なの?と聞かれるとなかなか説明が難しいと思います。

意味は大きく3つにわけられます。

①経営する、管理する、監督する

②うまく取り扱う

③なんとか(かろうじて)やりとげる

です。まあ、全部意味がつながっているとも言えるのですが😃😃。

では1つずつ、確認していきましょう~!

経営・管理する、監督する:いわゆる「マネージャー」「マネジメント」

①の経営する、管理する、監督する、はいわゆる「マネージャー」の業務です。

細かくわければたくさんある業務ですが、何かの会社や、団体(チーム)、仕事を日々動かしていくための業務です。

これは総合的に「全体を把握」するという意味と考えられます。

 

f:id:oyaku-dachi:20191111115029p:plain

例えばホテルの支配人さんは、自分ですべての仕事をするのではなく、それぞれ(食事、掃除、点検、接客など)の業務を把握し、まとめる立場にいます。

また、学校の運動部のように小さい団体だと、マネージャーさんが洗濯や用具の修理、救急箱や飲み物の準備など、すべて自分で行う場合もあるでしょう。

この場合ももちろん全体を把握していることになります。

 

そして、会社、企業のマネージャーといえば、もちろん経営者、経営陣のこと。

トップマネジメントは、全体を把握する会社トップの、方針決定部門のことです。

 

グループ組織でなく、家事でも「house(hold) manager」「house(hold)management」という言葉もあります。

会社でも個人でも、次の②番目の意味にある、「やりくり」につながる言葉です。

日々の小さなことでも「manage」しよう!なんて思うと、ヤル気も出てくるかもしれませんね😃😃!

(扱いにくいものを)うまくとり扱う・巧みに操縦する

次に、②うまく取り扱う、について詳しく見ていきましょう!

They managed the affair very well.

「彼らは、そのことをうまく処理したね」

人によっては、うまく処理するのが難しいものだったかもしれませんが、うまくできたというわけです。

 

また、私たちが上手にやりくりしたいもの・・・それは時間とお金ですね😃😃。

まさにこの「時間・お金をやりくるする」というときに使う言葉も「manage」です。

ずばり、manage one's time / manage one's money という言い方をします。

f:id:oyaku-dachi:20191111124425j:plain

また、とくに「扱いにくいものを」取り扱う、という場合もこちらを使います。

 He couldn't manage his horse (new car).  

「彼は、馬(新車)を乗りこなすことができなかった」

です。

また、巧みに操縦する、という例では

She knew how to manage her short-tempered boss.

「彼女は、短気な上司のあしらい方を心得ていた。」

の文でもわかりやすいかと思います。

そしてこの乗りこなすこと、操縦することが「難しい」という感覚が強くなると、次の③番目の和訳になっていきます。

なんとか(かろうじて)やりとげる

③番目は、なんとか(かろうじて)やりとげる、です。

②の扱いや操縦がとても難しいときに、(こんなに難しいことなのに)なんとかできた、かろうじてできた!という感覚です。

 Finally, we managed to solve the problem.

「ついに私たちは、なんとかその問題を解決することができた。」

I managed to catch the last bus.

「私はなんとか、最終バスにのることができた。」

などです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えてみれば、経営・管理・監督も簡単なことではありません。

馬・車・短気な上司の扱い方にもコツが必要です。

そのようすを大きくまとめて表す言葉が「manage」なのだと思います。

和訳すると3つの意味、と前述しましたが、結局意味はつながっているんですね。

そういう例は結構あるのです。

これから、少しずつ紹介していきたいと思います😃😃。