ゆる~く英語、ときどき日記風、旅行記も

↑ブログ名、変更しました~英語講師の気軽なコラム+日記+旅行記です

無料ゲームで数字に強くなる! 休校中の自宅学習にもおすすめです♪ ~WALL PRIME(ワル・プライム)~

f:id:oyaku-dachi:20200310215413j:plain

こんにちは。

当初の外出自粛要請から2週間。そろそろ解除になるのか、まだなのか?

みなさん日々どのようにお過ごしでしょうか?

地域によるとは思いますが、私の近所は、一時期より多少、増えているかも?というところですが、まだいつもよりは人が少ないなと思います。

 

さて、子どもたちは普段禁止されているゲームをする時間が増えたりして喜んでいるかもしれませんね。

親の立場としては、子どもにムダな時間は過ごしてほしくないけれど、楽しくてためになるものなら、(この長時間の家での時間を過ごすためには)ゲームを上手に取り入れるのもいいかなと思います。

 

そこで今回は、我が家で今ブーム(!)の、楽しみながら数字に強くなれる、おすすめの無料ゲームを紹介します。

もちろん大人の方も、脳の活性化にぜひおためしください ( たぶん、ハマります 笑)。

 

~WALL PRIME ( ワル・プライム) ~ 素因数分解で壁を割る!

まず、このゲームを作られたのは、Quiz Knockさん。東大王などのTVでもおなじみ、今人気の若手知性派集団の方々です。

とはいっても、このゲームのルールはいたってシンプル。

画面に出てきた数字を素因数分解していくだけ、なのです。

 

ゲームアプリのスマホ用インストールはこちらから(上がアップル、下がアンドロイド用です。↓

https://apps.apple.com/jp/app/wallprime/id1475734328

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.baton.PrimeCombo&hl=ja

 

さて、ここでさっそく、「素因数分解」という言葉にも拒否反応を起こしそう、という方(私もそうでした!)のために、少々フォローしようと思います。

このゲーム、出てきた数が「2か3か5」の倍数である(割りきれる)か?がわかればOKです(レベルが EASY の場合、写真のようにボタンが2・3・5のみです)。

f:id:oyaku-dachi:20200310204038j:plain

しかも出てくる数字は、必ずこれらのどれか(もしくは2つ以上の組み合わせ)で割り切れる数なのです。

上のように「20」が出てきたら、まず2で割れる⇒2と右下のオレンジ内のグー(握りこぶし)の絵を続けてタップ(すると数字が「10」に変わります)、もう1回2で割れる⇒2と右下のグー(握りこぶし)をタップ、すると数字が「5」になるので、そのまま5とグー(握りこぶし)をタップ、でOKです。

慣れてきたら「パーフェクト」ねらい! スコアがアップします♪

慣れてきたら、(例えば20が出てきたら)「2,2,5、グー」と続けてタップするようにします。

その方が速いので次の問題に進めますし(制限時間内の解答数が多い方が点数は高くなる)、上のような「パーフェクト」(途切れずに最後まで割り切る)が出ればさらにスコアアップしますので(^o^)。

では念のために、ここで2.3.5の倍数(割り切れる)かどうかの見分け方を確認しておきましょう。

・・・まず、2と5は簡単ですね。1の位が0か偶数なら2の倍数、1の位が0か5だったら5の倍数です。

3の倍数かどうか、は各数字の和が3の倍数であれば元の数字も3の倍数。

よく考えてみれば・・・確かにそうですね!

もう少し、数を割る(WALL)、を練習しましょう~♪

ちなみに「WALL PRIME(ワル・プライム)」という名前は、おそらく「壁」と「割る」をかけた「WALL」、そして数学的な「素」を意味する「PRIME」からできたものだと思います。

さらに・・・「prime」には動詞もあり、火薬を詰める、爆発物の発火用意をする、などの意味がありますが、これもゲーム内で壁を割ったときの映像に合っています!

 

さて前置きはこのくらいで、もう少し他の数の割り方も見てみましょう!

例えば・・・「60」の場合。人によって考えはいろいろですが、私は「6×10」と考えるので、(2×3)×(2×5)⇒「2×3×2×5」となります。

(10×6でしょ~と思っても、20×3でしょ~と思っても、結局割る順序が違うだけで、内容は同じになります(^o^)。)

では「75」だったら・・・いろいろな考え方がありますが、私は「25×3」派なので、その場合は「5×5×3」です。

f:id:oyaku-dachi:20200310204038j:plain

NORMALレベルでは、「7」が追加されます!

一番やさしいレベルが今まで見てきた「EASY」ですが、その一つ上の「NORMAL」レベルになると、下のボタンに「7」が追加されます。

 

7の倍数(割り切れる)かどうか?は、説明しようとするとややこしいので、ここでは説明ナシにします(笑)。

というのも前述のとおり、レベルが NORMALの場合は、ボタンが2・3・5・7のみ、ということは、その中のどれかで必ず割り切れるはずだからです。

もし2・3・5のどれでも割れなければ、7(だけ)で割れる!ということになります(^o^)。

もちろん、「14」の場合など、2でも7でも割れる、という場合もあります。

 

f:id:oyaku-dachi:20200310204120j:plain

この場合は、タップの目標は「2,7、グー」となります。

ただ、7をあまり考えなくてよい、というのは「NORMAL」レベルの場合に限り有効な作戦です。
それ以上のレベルではボタンがもっと増えるので、7で割れるか、7の段、または7の階乗(2乗、3乗、4乗・・・・)などを考えないといけません。

まあ実際にきちんと考えられる人は少数で、多くの方は(自分も含め)、間違えてもともと、当たればラッキーという感覚で、とりあえず押してみる、という具合に楽しんでいるのではと思います(笑)。

さらに上のレベルもあります!HARD, EXPERT, INSANE(インセイン)!!

レベルは全部で5段階あります。

易しい方から順に、今までご紹介した「EASY」、「NORMAL」。

またさらに11、13のボタンが追加された「HARD」、さらに17,19,23が追加となる「EXPERT」。

そして最後は、なんとひとつ前の「EXPERT」から7つのボタン(29、31、37、41.43.47,53)が追加になっている「INSANE(!)」です。

f:id:oyaku-dachi:20200310215413j:plain

 

よほど訓練を積んだ方は「INSANE」などでも高得点が出るようですが、私などはEXPERTでも大苦戦。

しかし、何度も挑戦していくにつれ、少しづつパターンを覚え、パーフェクトもちらほら出るようになったりして、スコアもアップしていきます。

そういえば今朝、スーパーで買い物をしたら、合計金額が「1001円」だったんですが、これは「7×11×13」です。

なんとなく反応している自分に気が付きました(笑)。

やり始めると結構楽しいです。

 

子どもたちの休校対策にはもちろん、私たちの老後の脳の活性化にも!

気がついたら、あなたもきっとハマっていると思います!

 

そして、もちろん、数字にはだいぶ強くなっていると思いますよ。

ぜひお楽しみください~。

 

ではまた次回に(^o^)。