海外旅行・英語関係・日々の気になる話題のお役立ち情報~!

海外旅行や英語関係、その他気になる話題をお届けします😃😃

ザグレブからリュブリャナへバスで移動、入国審査も!

こんにちは。今回は、クロアチアのザグレブから、スロベニアのリュブリャナへ移動した時の記録です。バス・電車ともに所要2時間半くらいですが、バスの方が便が多く、お安いので、バスを利用する人が多いとのこと。

今回の運賃は、1人10・99ユーロ(約1300円)です。円高を差し引いて考えても驚きの安さ。うれしいです!😃😃

 

f:id:oyaku-dachi:20190909132440j:plain



乗車前は食料&飲み物を用意しましょう!

移動の間は自由な時間です。景色を見たり、読書したり、作業したり、リラックスしてウトウトしたり。そして用意しておきたいものは、やはり飲み物と食料。忙しい旅行で、移動中に食事ができるといろいろな意味で助かります(時間と予算の節約♪)。

少し何かかじるだけでも、疲れた体が元気になります。

ちなみに今回は、クロアチアの通貨(クーナ)をなるべく使ってしまおうと、スーパーでの買い物のあと、バスターミナル内の売店でもペットボトルを購入。少々割高だったかもしれませんが(といっても物価は安い)、残額は15.5クーナ(260円くらい)とな

りました。なかなかいい感じで使い切ったと思います。

そして長距離バスは、Wi-Fiつきのことも多く、コンセントがあることもありますので、パソコンやスマホの充電器を持ち込むのもおすすめです。途中で接続が弱くなってしまったら、休憩タイムとなります(笑)😃😃

 

今回は出国&入国審査が!(それでトイレが使えなかったのかな?)

f:id:oyaku-dachi:20190906041047j:plain

 今回は国境を越えるので、乗車前にパスポートの提示がありました。

そして実際に途中で2度、全員下車して出国・入国審査があったのでした。

パスポートを持って並び、1人ずつ係員の人に何か聞かれて答えるという、空港でのものと同じです。そしてそのせいか、今回はバス内のトイレが使えなくなっていました。

そしてそのせいか、途中でトイレ休憩がありました(高速道路内で、トイレは無料でした。よかった~)。このあと何度か移動で長距離バスに乗りましたが(国境も何度か越えました)、降りてパスポートコントロール、というのはこの1回だけ、バスのトイレが使えなかったのもこの1回だけでした。貴重な体験をしたかも?!

 

リュブリャナ到着。ウルバナカードを購入。バス発着所を確認し、ホテルへ。

f:id:oyaku-dachi:20190906153655j:plain

14:30にリュブリャナに到着。目にする看板はあいかわらず??ですが(クロアチア語→スロベニア語)、通貨はユーロになりました。まずは、観光案内所を目指し、 i の表示があったので入ると、そこは鉄道の案内所でした。向かいの i が観光案内所で(ややこしい)、こちらでバス路線図をもらい、予約したホテルに近いバス停と、その路線に乗れるバス停を教えてもらいました。英語が普通に通じて、まったく問題なしです。

 

リュブリャナの市内交通は、すべてウルバナ・カードというプリペイド式の乗車券での支払いのみです。自販機でカード購入やチャージができるとはいえ、1回だけ乗りたい、という観光客もこれを買わないといけないというのは・・・。しかもカード代2ユーロは、窓口購入での領収書がある場合のみ払い戻しできるとのこと。わが家は家族4人で何度も乗ったのでよかったですが、利用が少ない場合は不便ですね・・・といってもしかたがないことですが(苦笑)。

ひとまず窓口でカードを購入、25ユーロ分チャージしました。さて、レストランに入り、タクシーでホテルに行きたいという夫と、レストランは行かずにバスでホテルに行きたいという母子3人で、多数決の結果、バスでホテルへ向かうのでした😃😃